マンションを売る?貸す?

マンションは売る?貸す? 冷静に対処したいマンションを貸す際のリスクとメリット

マンション売却

 

マンションは売却した方がいいのか?それとも賃貸で貸しだした方がいいのか?

 

 

「会社から急に転勤の命令が出たので、今ローンを払っているマンションをどうしたものか?」
「単身赴任するか、それとも家族で一緒に引越すのか?」

 

という様々な問題に直面しますよね。

 

ここではマンションを貸すメリットとデメリットを紹介していきますので、冷静に判断をするための材料としてみましょう。
単身赴任の期間が長くなってしまうということであれば、おすすめはやはりスッキリとマンションを売却してしまうという方がいいです。

 

マンションを貸すメリット

 

毎月収入を得られる

 

住宅ローンは様々なローンと比較した場合、金利が低く、期間が長く、毎月の支払額が少ないという特性があります。そのため、賃料としての収入を得ることで黒字化しやすいというメリットがあります。もちろん、入居者あっての黒字ですので注意が必要です。

 

賃料が高めの設定が可能

分譲貸しのマンションとなるため、賃貸メインのマンションと比較すると設備が整っているという特性があります。それを活かすことで賃料を高めに設定することができますから、上記のように収入をより得られるというメリットがあります。

 

経費計上ができる

マンションとして貸出すことで、不動産所得を得ることになります。そのため、確定申告が必要になるのですが、住宅ローンや固定資産税などの費用を経費として計上できるようになります。経費計上できるということは税金に対して控除の対象となるため、負担を減らすことができます。

 

 

 

マンションを貸すデメリットとは?

 

空室になると収入がなくなる!ローンと新居のダブルの出費が痛い!!

いざ貸しだすと決めても、空室になっていては収入がゼロになります。最初は入居がいて安心していても、何が起こるか分かりません。退去された後いつまでも空室が続くとその分家賃収入はゼロ・・・。
住宅ローンの費用だけがかかるので、月々の出費が大きくなってしまうというリスクがあります。最も避けたいリスクです。

 

面倒で無視できない管理費用の発生

貸しだすとなると部屋の改装費用(リフォーム)などが必要になってきます。
また、入居者が住んでいる際の、設備の修理なども管理しなければならないことがあります。
せっかく家賃収入でプラスになっていたのが、それらの修理費用で吹っ飛んでしまうというリスクもあるのです。

 

ないとは言えない入居者のトラブル

入居者がまともな人なら問題ありませんが、家賃滞納などをされる恐れもあります。
現金収入が入ってこないリスクもあり、不動産運営になれている人の協力を仰ぎながら対応することになります。
入居者をしっかり見極める必要が出てきます。

 

 

このように、大家さんとして事業を営む場合は良いのですが、これまで貸したことが無い方はかなりリスクが高いです。
そして多くの方が、貸すといってもマンションの1部屋でしょうからその1部屋が空いてしまえば、収入はまったくのゼロ。

 

 

さらに、例えば異動などの理由ですと、新天地の仕事などが精神的にも負担になります。
貸しているマンションが気になったりと心配事が多いのも、いいこととは言えません。

 

これらの条件を踏まえると、マンションを空室にする期間がはっきりとわかっている以外は、売却してスッキリしてしまう方がいいでしょう。

 

 

マンション売却

マンションの売却についていろいろ調べている中で、不動産の一括査定サイトを見たことがある人もいると思います。中には、「不動産の査定サイトなんて、無料だし、どこに依頼しても同じでしょ!?」と考えている人もいるでしょう。

 

でもそれは大きな間違い。依頼する査定サイトによっては、高値売却どころか数100万円も損してしまうところもあるのです。

 

あなたが選ぶべきなのは、少しでも高値での売却してくれる不動産会社。リンク先の査定サイトは、国内有数の優秀な不動産会社に相談をすることができます。

 

失敗したくない人はその答えを見てみましょう。

高値売却できる秘密の無料査定サイト。
その答えはこちら>>

 

 

これからマンションの売却をする人によく読まれているページ

 

> >マンション売る?貸す?