一般媒介契約 専任媒介契約 専属専任媒介契約

マンション売却時の不動産会社との契約の種類

マンション売却

 

一般媒介契約

一般媒介契約とは、複数の不動産会社があなたのマンション物件を売り出せる契約です。不動産会社にとっては、あなたのマンション物件が売れなければ1円のお金にもなりません。なので、専属媒介契約と比べて不動産会社が積極的に広告展開をしてくれない。などのデメリットがあります。

 

しかし、そんなデメリットを跳ね返すくらいのやる気のある不動産会社であれば、一般媒介でも一生懸命に活動してくれます。
どの不動産会社が自分の物件をしっかり売ってくれそうか?それを見極めるのに向いている契約手法といえそうです。

 

専任媒介契約

専任媒介契約は、契約をした不動産会社1社に販売活動を任せる契約です。
契約中は他の不動産会社に販売活動をお願いすることはできません。
ただし、不動産会社を通さずにあなたがマンションの購入希望者を見つけてきた場合は、売却をすることができます。

 

専任媒介契約のメリットは、不動産会社から

 

専属専任媒介契約

専属専任媒介契約は、契約をした不動産会社1社に販売活動を任せる契約です。
専任媒介契約とほぼ同じですが、この契約の場合は、あなた自身が買主を見つけてきた場合も売却をすることができません。

 


 

どの契約がよいかは悩むところですが、一番のオススメは、専任媒介契約です。

 

なぜか?不動産会社さんは売却がされなければ1円の利益も生み出すことができません。
専任媒介契約をすることで、少しでも高い値段で、売却しようと活動を一生懸命にしてくれることが多いのです。

 

ちなみに、契約の期間も売り主側の都合で決めることができます。
契約をしたけど、まったく活動している気配がない……。
そんな場合はに、契約を解除することもできますし、契約期間を短くすることもできます。

 

なるべく避けたい事態ではありますが、そうすることでやる気のない不動産会社は回避することができます。

 

 

マンション売却

マンションの売却についていろいろ調べている中で、不動産の一括査定サイトを見たことがある人もいると思います。中には、「不動産の査定サイトなんて、無料だし、どこに依頼しても同じでしょ!?」と考えている人もいるでしょう。

 

でもそれは大きな間違い。依頼する査定サイトによっては、高値売却どころか数100万円も損してしまうところもあるのです。

 

あなたが選ぶべきなのは、少しでも高値での売却してくれる不動産会社。リンク先の査定サイトは、国内有数の優秀な不動産会社に相談をすることができます。

 

失敗したくない人はその答えを見てみましょう。

高値売却できる秘密の無料査定サイト。
その答えはこちら>>

これからマンションの売却をする人によく読まれているページ