マンション売却 買取サービス

マンションの買取と売却。どう違うのか?

マンション売却

 

マンションを売却しようとするときに出てくる疑問点。

 

不動産会社による買取という言葉。

 

文字通り不動産会社に買い取ってもらうわけですが、売却と何が違うのでしょう?

 

売却の場合は、買主を探して買ってもらう行為を指します。
マンションを売りたいあなたが売主だとすると、買い取ってくれるいわゆるお客様が買主にあたります。

 

不動産会社はそれを仲介する役割になるのです。

 

買取の場合は買主を探してくる訳ではなく、一度、不動産会社が物件として買い取ることを指します。

 

仲介して売却する場合との大きな違いは、通常買取の方が6割から7割程度安い金額で売却される点です。

 

なので、今の状態から売却(引き渡し)までに時間に余裕がある場合でしたら、不動産会社に仲介をお願いして売却するのが高い金額で売れる可能性が高いです。
不動産会社に買い取ってもらう場合は、現金化までに時間がかからないというメリットはあるのですが、前述したように金額はかなり安くなってしまいます。
時間的に余裕がなく少しでも現金化したい場合は買取の方向で考えた方がいいでしょう。

 

もっとも、一番いいのは、あなたの物件を高く買ってくれる買主が現れて短期間のうちに購入してくれることです。

 

 

マンション売却

マンションの売却についていろいろ調べている中で、不動産の一括査定サイトを見たことがある人もいると思います。中には、「不動産の査定サイトなんて、無料だし、どこに依頼しても同じでしょ!?」と考えている人もいるでしょう。

 

でもそれは大きな間違い。依頼する査定サイトによっては、高値売却どころか数100万円も損してしまうところもあるのです。

 

あなたが選ぶべきなのは、少しでも高値での売却してくれる不動産会社。リンク先の査定サイトは、国内有数の優秀な不動産会社に相談をすることができます。

 

失敗したくない人はその答えを見てみましょう。

高値売却できる秘密の無料査定サイト。
その答えはこちら>>

これからマンションの売却をする人によく読まれているページ

 

> >買取と売却の違い