ローンの残っているマンション売却の方法について

ローンが残っているマンションの売却方法について解説

 

中古マンションを売るにあたって悩むのが、「残っているローンをしっかりと返せるのか?」ということですよね。
残っている金額が2,000万円もあるんだけど、果たしてそれ以上の金額で売れるのだろうか……。本当に心配な気持ちになります。

 

 

 

ローン残債以上の金額で契約できればスムーズに売れる

 

一番問題なく解決できるのが、今のマンションの売却額がローンの残債を上回る価格で売れることです。
厳密には、ローンの残り + 不動産会社への仲介手数料 + 司法書士費用…… などのもろもろの費用を含めた金額より高く売れるのがベストです。

 

今のマンションを売るには、銀行からの抵当権を外さないといけないのですが、残債を一括返済することが必要となります

 

売却額がローン残債に満たない場合は貯金で補う必要があります

 

売却額が、ローンの残債以下となってしまった場合は貯金額でその残債額を補う必要が出てきます。

 

ローン残債が、2000万円であり、売却額が1500万円であった場合、ローンの残りの500万円と、仲介手数料約55万円、さらにその他費用を含めてだいたい合計660万円を貯金で補わなければなりません。

 

物件だけを売却して、残りの500万円をローンで払い続ける……ということはできないのです。銀行はあなたのマンションを担保としてローンを組んでいますので、その担保がなくなるわけですからローンの残りを一括で返さないということですね。

 

ローンの残債が払えない場合は任意売却という方法もある

 

マンションを売却しても、ローン残債に満たない。さらに残りの金額を貯金などで返すことができないという状況の人もいると思います。

 

そうなった際の対応策として残されているのが、「任意売却」です。

 

任意売却とは、売却をしてもローンが残ってしまう場合に、任意売却専門の不動産会社が、債権者との交渉、合意を得ることでローンを残したままでも売却ができる手法のことを言います。

 

ローンの返済などが滞っている状態ですと、銀行からの督促状が来て、さらに滞納し続けることで住宅を差し押さえ、競売、そして強制退去という最悪の処置となってしまいます。

 

競売という形になると、売却できるであろう金額のおよそ半分か、それ以下の価格での売却となり多額のローンを残した状態で家も取られる。さらに引越しなどもせねばならないという状況となってしまうのです。

 

もし今現在、住宅ローンの滞納や、固定資産税などの滞納をされている場合には、すぐにでも任意売却専門業者に相談してみましょう。

 

通常のマンション売却の不動産会社ではなく、任意売却を専門とした不動産会社に相談することで、手元に資金を残しつつも、引越し代金まで捻出することができたという人が多くいます。

 

おすすめは株式会社ROSSOコンサルタンツという会社が運営している、任意売却相談センターです。

 

競売を回避してなるべくローンを残さずに売却したい人は、一度、無料相談をしてみてはいかがでしょうか?

 

任意売却相談センターの公式ページはこちら

 

 

まとめ

 

住宅ローンの残っているマンションの売却について、解説してきました。残債が多く残っていて、なおかつ売却できる金額が満たない場合には、いろいろ解決しなければいけない問題があることが分かったと思います。

 

まだ自分のマンションが、今いくらで売れるか把握していないという人は、不動産の一括査定サービスを用いて各社からの査定額を見てみましょう。

 

不動産は人の一生の中でも最も大きな買い物と言えるものです。数百万円も損してしまった……というリスクを減らすことができるよう素早く行動しましょう!!

 

 

マンション売却

マンションの売却についていろいろ調べている中で、不動産の一括査定サイトを見たことがある人もいると思います。中には、「不動産の査定サイトなんて、無料だし、どこに依頼しても同じでしょ!?」と考えている人もいるでしょう。

 

でもそれは大きな間違い。依頼する査定サイトによっては、高値売却どころか数100万円も損してしまうところもあるのです。

 

あなたが選ぶべきなのは、少しでも高値での売却してくれる不動産会社。リンク先の査定サイトは、国内有数の優秀な不動産会社に相談をすることができます。

 

失敗したくない人はその答えを見てみましょう。

高値売却できる秘密の無料査定サイト。
その答えはこちら>>

 

 

これからマンションの売却をする人によく読まれているページ