マンションを高く売る方法を解説

 

マンション売却

 

銀行経由の見えない大金の移動で、大きな損をしないために

 

上のように、マンションを売却する際には、お金に関する問題で頭がいっぱいになってしまいます。

 

マンションという不動産は、普通の人が一生のうちで購入、売却をする中でも非常に金額が大きいものです。

 

うまくマンションを売却することができれば、思った以上の現金を手にすることができます。

 

今後生活をしていく上で、大切な現金を得られるか得られないかは、ものすごく重要なポイントですよね。

 

反対に、売却を失敗してしまうと、多額の現金を損してしまうことにもなりかねません。

 

どのお店が安いのか?高いのか?

 

お買物と同じように、普通の感覚でいられる人はうまくいきます。

 

 

マンションを売る時も、お買物と同じように『比較』が第一歩

 

どうして複数の会社に依頼をすると高額売却ができるのか?

 

もしかするとマンションの売却について調べている過程で、「複数の不動産会社に相談すると高額査定が期待できる!」という情報を見たことがある人もいると思います。

 

なぜ査定を複数の不動産会社に依頼すると、高いお金に換えられるか?ということについて、下記の図で解説してみます。

 

マンション売却

不動産屋さんの一括査定で比較する

 

マンション売却

 

マンション売却とは反対に、中古マンションの購入を検討しているお客様の状況によって売却できる金額や時期が変わってきます。

 

3社の不動産会社を例に出してみましたが、A夫妻がマンションの売却の依頼をしようと考えた時、どこの不動産会社が一番高く売ってくれそうでしょうか?

 

言うまでもなく、答えはA不動産ですよね。

 

すでに、A夫妻のマンションがあるエリア限定で3,000万円という予算での購入を検討しているという、言わば優良顧客を抱えている不動産会社です。

 

A不動産のような会社に査定・相談を持ちかければ、とんとん拍子で売却が成立し、1〜2か月後にはマンションを現金化できた!という結果につながりやすいです。

 

 

B不動産の場合は、少し苦戦します。そのエリアにあまりこだわりがない購入希望者で、購入の予算も希望額よりちょっと高いくらい。

 

C不動産は、顧客が今現在いない状態なので、いつ売れるか?いくらで売れるか?という部分が未知数。かなり時間がかかる上に、自分たちの売りたい2700万円という金額より値下げして売却することになった・・・。という結果になりやすいです。

 

マンション売却

 

不動産屋さんの一括査定で比較する

 

A不動産のような不動産会社を見つけるべき!

 

冒頭でも書いたように、相談・査定を依頼する不動産会社が、高額売却の鍵を握っています。

 

A不動産会社を見つけることができれば、スムーズにあなたのマンションを現金化することができます!しかも思ったよりも高額で売れることもあるのです。

 

マンション売却

 

 

上記のように、自分たちが売りたいと思っていた金額よりも、300万円も高く売れた!ということもザラです。

 

300万円という現金の差は大きいですよね。

 

でも実際には、やみくもに動いてもA不動産会社のような不動産会社を見つけることはできません。

 

そこで利用をしてみてほしいのが、「不動産の一括査定サービス」なんです。

 

すでにあなたの住むエリアで、マンションを欲しいと考えている顧客を抱えていたり、マンション売却について相談・サポートを分かりやすくしてくれる不動産会社が見つかります。

 

 

一括査定を使わないと、なぁなぁ取引になりかねません。

 

マンション売却

 

地元のみでなく、広範囲で購入希望者を抱えているか?

 

不動産会社をしっかり選ぶことが、高くマンションを売るための大切なポイントです。

 

反対に、適当に不動産会社を選んでしまうと、大きなお金を損してしまいます。

 

本当は、3000万円で売れるはずだったマンションが、2500万円の売却となってしまった場合・・・

 

500万円ものお金を損してしまったという結果になってしまうのです。

 

賃貸住宅に強みのある会社や新築物件の販売に強い会社など、不動産会社といっても、その種類は実に様々。

 

あなたが選ばないといけないのは、実際に中古マンションを高く売ることのできるスキルのある不動産会社です。

 

しつこいようですが、すでに優良顧客を抱えている不動産会社を見つけましょう。

 

購入希望者の中には、あなたの地域に住んでいない人も多くいます。地元の不動産屋だけが、そのエリアに強いとは限らないのです。

 

大手のみでなく、地元の不動産屋さんの相場情報も大切です。

 

マンション売却

 

マンションの査定額についてですが、過去に売れていたマンションの価格だけを理由にする不動産会社には注意が必要です。

 

確かに過去の相場は参考情報になりますが、今現在の市況がどうなのか?という部分がもっと重要なのです。

 

例えば、あなたが住むエリアで、マンションが10件しか売り出されていないのに対して、30人の購入希望者がいたとすれば、必然的に売却金額は高くなるはず。

 

マンションがあまり売り出されていないという状況が、高い付加価値となり、それが売却金額にも反映されるのです。

 

これまでの相場よりも、数100万円高く売れるという可能性を秘めています。

 

 

そんな市況を無視して、「過去にはこの金額でしか売れていないので、おそらくこれ以上高値で売れることはないでしょう。」と説明してくる不動産会社は避けた方がいいでしょう。

 

一括査定を使えば、
大手の『顧客力』と地元の『相場観』の両方が手に入ります。

 

分からないことも多い初めての不動産取引です。しっかり準備しておけば、なぁなぁ取引は防げるものです。大きなお金が動きます。しっかり準備しておきましょう。

 

地元と大手 優良不動産屋さんを探す

 

 

一括査定の後の流れはシンプル

 

1. あなたの都合に合わせて連絡がきます

マンション売却

査定サイトからは、物件の簡単な情報や、連絡先などの情報を入力することで査定依頼をできます。

 

査定額の連絡の時間帯は、サイトでの入力の際に指定することができます。

 

なので、いきなり電話がかかってくるということはありません。申し込みはしたいけど、今すぐに連絡が来るのは嫌だな・・・・という場合でも安心です。

 

2. 机上査定か訪問査定かも選べます

 

マンション売却

 

実際に不動産会社の訪問を受けて査定額を算出してもらうのか?

 

あるいは、マンションの簡単な情報だけで査定額を算出してもらうのか?

 

ということについても、選択できます。

 

とにかく急いでマンションを売りたいという場合には、より正確な査定額となる訪問査定。
しばらく売る予定はないけど、価格だけでもある程度知っておきたいという場合には、机上査定を選ぶのがいいでしょう。

 

査定をどこの不動産会社に依頼するかは登録している不動産会社の中から選ぶことができます。あまり多くの不動産会社に査定を依頼したくないという場合には、最低1社だけでも問題ありません。

 

3. 査定額を提示されたら根拠を聞いてみよう

 

マンション売却

 

査定額の提示が不動産会社からあった際に、結果を聞くだけではなく、試して欲しいことがあります。それは、査定額の根拠を教えてもらう。ということです。

 

物件を実際に見ていない段階から、詳細な分析ができないのが一般的。しかし、それでも近隣の新築を含めたマンションの販売状況や、需給などによって価格はある程度見積ることができます。

 

それらの根拠を、訪問する前の段階からある程度説明できる不動産会社は信頼がおけます。

 

4. 違和感を感じた時は、この断り方を使ってください。

 

マンション売却

 

査定額の提示を受け、その後「売却に協力させてくれませんか?」「訪問査定をしてしっかり物件を見させてください!」という不動産会社からの提案があったとしても、それはもう少し先延ばしにしたい。という思いもあるでしょう。

 

そんな時にオススメの対応が、「身内からの反対にあったので、あらためて再考させてください。後日相談させていただきます。」というものです。

 

不動産という大きな金額の売買については、両親や義父母などの身内から思わぬ反発にあってしまった。というケースはよくあります。

 

自分の力ではどうにもできない、時間がかかるということを理由にしてみましょう。万が一、そこを無視してしつこく連絡をしてくる不動産会社がいたら、はっきり断りを入れましょう。

 

 

こんな人たちに一括査定を活用して楽になって欲しい

 

ご近所トラブルのためすぐにでもマンションを売却して引越ししたい・・・

 

マンション売却

 

昔から多いのが、周辺住民とのトラブルによるマンションの売却です。まず騒音問題。多くの人が出入りする大型のマンションでは、足音、ドアの開け閉め、洗濯機の稼働音などを不快に感じ、クレームを付けてくる入居者もいます。

 

さらに、人間関係のトラブルなどの問題。旦那さんは平気でも、奥さんの方が精神的に住むのが苦しくなってしまい、健康を害したり、家族関係にもひびが入ってしまうというリスクをはらんでいます。

 

そんな状況から、心機一転する意味でも引越しを考える場合もあるでしょう。新たな場所に移り住めば、それらの煩わしい問題は一気に解決することができます。

 

中古マンションは空室になった状態で売却することもできます。なので、すぐにでも引越ししたいという場合でも大丈夫です。逆に、その方が購入を希望する人からの反応がいい傾向があります。部屋の内見や契約などで足を運ぶ必要はありますが、しっかり協力してくれる不動産会社とを見つけられれば高値での売却をできます。

 

高いお金を得ることができれば、新生活にもゆとりを持つことができるでしょう。

 

会社からの転勤命令!購入しちゃったマンションはどうなるの?

 

マンション売却

 

自分の部署だけは、異動はないだろうと思い込んでいたのに、時代の流れと共に事務所統合することに。しかも異動するまでは残り3カ月という時間の無さ・・。単身赴任をすべきなのか、それともマンションを売却してしまって新たな生活拠点で賃貸、あるいはマンション、住宅の購入を考えるべきなのか・・?」

 

会社からの転勤命令は、時として非情なほどに下されることがあります。

 

その際に、まず抑えておくべきなのは2点。単身赴任手当があるのかどうか?そして、異動先から今の部署に戻ってくることがあるのか?ということです。上記の場合ですと、事務所統合ですので戻ってくるという可能性は低いですが、会社によっては数年後に配置を元に戻すということもあります。

 

それらの情報を元に、大切な家族と離れて暮らすのか?あるいはマンションを売却してしまって、異動先の地域で新しい生活拠点を築くのか?ということを決めましょう。

 

単身赴任手当があれば、今住んでいるマンションに残した家族に住んでもらいながら、生活していくこともできます。でも、それが全くない場合や金額が少ない場合であれば、同じ家に住むという選択をすることが多いでしょう。本来であれば、大事な家族とは一緒に住みたいですもんね。

 

このケースでのマンション売却は、とにかくスピーディーに動いてくれる不動産会社を見つけられるか?というところがポイントになります。できれば、異動先の勤務地に引越すまでに引き渡しができるような状態にしておくのがベストですね。

 

それがもし不可能な場合、マンション売却のための手続きをしに何度も旧居と新居の間の往復をしないといけない・・・。という状況に陥る可能性があります。またお金がかかってしまう・・・。泣

 

そういった意味でも、マンションを高いお金に換えてくれる不動産会社を見つけるのが重要なポイントになってきますね。

 

新築のマンション、ちょっと背伸びをして買ったけどローンが苦しい・・・

 

マンション売却

 

「住みたいエリアも素敵で、設備やレイアウト、美しさなどいろんな魅力が詰まったマンション。自分たちの今の収入的には少し払っていくのは厳しいけど、憧れの気持ちを優先するあまりに奮発して購入。

 

でも、勤めている会社の業績が下降してしまったために収入が激減!貯金を崩しながらローンを払って生活しているけど、生活資金が苦しく夫婦ともに気持にも余裕がなくなってきてしまった。せっかく購入したマンションは売ってしまうべきなのか・・・。」

 

 

気にいったマンションを購入したのはいいのだけれど、その後の世帯収入・経済事情の変化によって生活が苦しくなってしまうという人は増えています。憧れの生活が手に入ると思ったのに、そのマンションのせいで気持ちが滅入ってしまうのはツライですよね・・・。

 

経済的な余裕の無さや、将来への不安感から、夫婦仲が悪くなってしまうということもよくあります。

 

そんなケースであれば、現時点で残っているローンを返してしまって、月々の生活費に余裕をもたせるということを考えてみてはいかがでしょうか。ローン残債を上回るような金額でマンションを売却できれば、新たな生活拠点での資金にもなりますし、日々の生活に余裕を持たせることも可能です。

 

高値での売却をできるスキルや、情報をもっている不動産会社に相談をしてみましょう、自分たちのマンションが、数年経った今もなお高額で売却できることが分かるかもしれません。

 

 

まずは相場と近隣の不動産屋さんの確認から

 

マンション売却

 

あなたの近隣のマンションの最新情報や、高い金額で購入をしてくれる希望者(買主)を抱えている不動産会社は、以下の査定サイトから探すことができます。

 

マンション売却

 

一括査定を使えば、
大手の顧客力と、地元の『相場観』の両方が手に入ります。

 

いくらで売れるか?一括査定で確認する

 

あなたのマンションを少しでも大きなお金に換えましょう!

 

これからマンションの売却をする人によく読まれているページ